2010年10月15日 (金)

博多弁かつかつ

博多弁かつかつ
博多弁かつかつ
ブログのテーマ(一応 自分なりに 陶芸 もしくは 地域 もの… と決めているつもり…)

しかし 今日は わがソフトバンクホークス の大事な試合

で いざドームへ

「かつかつでも 勝つったい」

言葉数が少ないのが 博多弁

2010年10月12日 (火)

日めくりその三(亥の子まつり)

日めくりその三
先日 暦に 亥の子の日
が 目に飛び込んできて、 懐かしさを噛み締めています

子供の頃 転勤で広島市内(近くには専売公社 中国電力 公務員官舎などがある 住宅街)に 住んでいました

晩秋のまつりで 「いのこまつり」があり

遠い記憶では 直径20センチ弱?、厚み8センチ程の 石を 藁で 包み込み
10本程 藁縄を タコ足のように 巻き付け

それぞれの縄を張って持ち「 い〜のこ いのこ い〜のこ餅ついた はんじょうせ〜 はんじょうせ〜」

歌いながら 地面に置いた (やはり 硬い縄であんだ) 叩き台に 向けて
上下させて 疑似餅つき
を 子供達が します

先発隊 が 家々に
「亥の子餅 つきます〜」と 声を掛けて 回り

お賽銭 か なにか?を頂きその お宅の前で

円陣に なり 歌いながら
餅つきを する

みんな、息ぴったりで
町中に喜んで頂き…

楽しいばかりの 記憶です

亥の子餅 は 佐伯も やっていたらしく

当時 両親も懐かしがり 参加させてもらった喜びは子供以上でした

我が家の前でも
「い〜のこ いのこ〜」
と 張り切って 縄を持ち上げた ものでした

農家は なくなっても
継承されていたようです

現在 も 続いているのかなぁ?

亥の子 の 子だくさん
→ 五轂豊穣 →家内安全→商売繁盛
十月の亥の日 には 稲刈りが終わる 時期だと

いう、お話しでした。

最近の写真

  • 移動陶芸教室
  • 初めての陶芸講座