2013年7月11日 (木)

唐津への道中

257105


虹の松原を通過が大好きで、唐津に旅をした気分になります
(福岡から1時間程で何度も行くのに、、、)。


学生(1回生)の時、陶芸研修旅行が唐津、伊万里、有田で
唐津シーサイドホテルに宿泊したのを通るたびに、思い出されます。

続きを読む »

2011年8月20日 (土)

樫原湿原のサギソウ

佐賀県 七山の

樫原湿原(かしばる しつげん)

には 自生の花が保護されていて

 お盆あたりには 《さぎ草》が 咲き かわいいよ~と

話しをお聞きしていました

今年は例年より 時期が少し 遅れていると言う

情報を基に  お盆が開けてから

ドライブがてら 出かけてきました

Kasibarusitugen_011

湿地に咲く花を ボランティアガイドの方々から

楽しそうに

親切丁寧に 教えていただき

皆さんで  保護されている様子が

しっかり 伝わります

Kasibaru_018

 あやめ?かきつばた?しょうぶ?

あやめ→網目

かきつばた→白

しょうぶ→黄色  と 教えて頂き

忘れないように、、、と 書き込みを しています

今咲いているのは、、、《かきつばた》でした

Kasibaru_029 ヒメミクリ

Kasibaru_010 ナンバンギセル

自生の花は 楚々としていて

『 かわいい~』 の連発でした

2011年8月16日 (火)

朝倉三連水車 其の2

40年前

父が懇意にしていた

朝倉三連水車の水車大工の妹川さん

その当時

「 時代のながれか? 後継者が いない! 」

と いつも 言われていたと

お聞きしていました

(父も他界し 

付き合いも途切れていました)

昨年 96歳で亡くなられた と 

昨日、お盆に伺いました

ご冥福を お祈りいたします

ご心配されていた 後継者は、、、

『ご親戚の方が 継承されています!!!』

個人の問題では ない 

大袈裟?お米を頂く 日本人のみんなの問題

だと 思っていましたので

他人事ながらホッとし 安心し喜ばしいですね~

Asakura_001

 

2011年8月15日 (月)

朝倉三連水車

福岡県朝倉の三連水車が

8月13日~15日のお盆期間中

夜10時まで ライトアップされている

と言う 西日本新聞の記事を見て 

出かけてきました

唐津からの見学の方々に 

地元のガイドさんが説明を されているところに遭遇し

暗闇の中、気が付いたら

その輪に入っていて 解説を受けていました

Asakura_005

220年前の干ばつを受け

筑後川から 疎水を引き 川より上部の土地に

水車からの水を サイホン方式で 送り込む

事を 経験と思考錯誤で生み出され

また、

三連の 円周のサイズ。 水をためる箱の角度など

理に適った 力学 工学 が ぎっしり 詰まっているそうです

先人の経験と知恵が 

後の 理論を つくり出された事だと

再認識しました

Asakura_003

『 干ばつで 農民たちが 力をあわせ 知恵をだし

できあがった 疎水と三連水車

人間は困難に立ち向かうと 

すばらしい力を発揮できる事を

教えてもらいました 』

と言われた 地元ガイドさんの 言葉が

強く心に 浸透いたしました

Asakura_002

2010年11月25日 (木)

日田市豆田町に

日田市豆田町に
佐伯行きの 途中 寄り道 で 豆田町へ

天領まつり は 終了時間ギリギリで 急ぎ足でしたから

嶋屋本家 に 出直し しました

百年家 です
2月からは お雛様を飾られるそうで また 楽しみが増えました

2010年11月23日 (火)

九酔峡

九酔峡
明日の 佐伯教室 の為の移動で

久々に 日田⇒久住 経由で紅葉見物

すでに 散っていましたが

道中の 銀杏 が燃えていて黄葉見物 をし

十三曲がり で お決まり 桂茶屋でやまめ の 塩焼きを ゲット

佐伯に着いたら 鮎 が待っていました

満腹 満腹

2010年11月15日 (月)

日田 天領まつり 竹燈籠

竹燈籠の数々

Cimg4941_2 かぐや姫(竹取物語)

Cimg4943_2 整列sign02

Cimg4944_2  透かし

Cimg4945_2  ツリーxmas

Cimg4946_2  隠れミッキー発見eye

Cimg4952_2  おしくら まんじゅう~

勝手にタイトルをつけました。。。

まだまだ、、たくさん、、、

日田天領まつり

日田天領まつり燈明は圧巻
嶋屋本家 さん で 購入した  じねんじょ(白 土鍋に)

日田天領まつり 3万本 の 竹を 更に 分割されて
実数 は 数えきれない?のでは… と 思われる程
燈籠は 圧巻でした

豆田町 河川敷に それはそれは 凄い!

(太宰府の 古都の光 で お手伝いの 人に集まって頂く、大変さ を 伺っているものだから…
人口比 から しても
どれ程 の 労力と 心のつながり が あったのか と 感心しきり です)

橋 近く で見つけた
嶋屋本家 さん
素敵な 和 の 物 が 沢山並んでいて

曲げもの 下駄 竹カゴ 欲しいものばかり〜

手作りの ゆずごしょうも

その 真ん前 の
石丸金物屋 さんに
はがま  せいろ などなど
福岡界隈 に 金物屋さんを 探すのは ひと苦労でしたから
今から は 石丸金物屋さんを 目指して ! !

何故なら

陶芸には 必需品の
ふるい が ありました

土 釉薬 を こすのに
消耗品 ですので

目数を よく 見て 探してないから今度 ゆっくり 伺いたいです

以前 お雛様の時期に 寒くて ゆっくりと散策をしなかったのは…
もったい ない 〜

豆田町 また 伺います

2010年9月 5日 (日)

芥屋の大門

芥屋の大門
ちょっと足を延ばして

と 言っても わが太宰府から 車で 1時間程

猛暑の中 海風を楽しんできました

自然の芸術 を堪能し
暑さに辟易していたけど
鋭気を頂けました

2010年4月27日 (火)

久住高原

久住高原
佐伯教室への 移動に
新緑シャワーを浴びるため

杷木(富有柿の灰を頂き)→日田→黒川→久住→竹田
→犬飼→佐伯

コースを久しぶりに走りっています

このコース選択の一つは
黒胡麻ソフトクリーム
を食べたかった
からです

胡麻の香りを残してgo!

最近の写真

  • 移動陶芸教室
  • 初めての陶芸講座